読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子で英語でお話しましょ~親子留学を目指す~

2人の怪獣の育児や英語の取り組みのこと。母(私)のやりなおし英語のこと。親子留学目指して今から情報収集してます!

【英語】2020年度から小5・小6で正式科目に!

〜2016年8月2日(火)の日経新聞より〜
f:id:hapiseikatsu:20161112102952j:plain

日経新聞の2ページ目にあった見出し

『英語 小5から正式科目 高校、地理歴史科を再編』


2020年度から、英語が正式科目になるんですねー!

のんびりてきとー英語育児していましたが、

今、息子は5歳で、割とすぐのことだな〜と少し焦りました(^_^;)

そして!!

『歌やゲームなどで英語に親しむ「外国語活動」』が、

小学3年生に早まるそうです。(以前は小5・6年生からでした)


実際、息子が小3になった時に、英語力がどれほどになっていて欲しいか、

想像してみました。

本格的に英語が始まった時に、授業が全て理解できていて、

「簡単だったわ〜いつもやってる事だわ〜」と

思えるくらいにはなっていて欲しいなと。


その「外国語活動」は、「親しむ」ためという事なので、

英語に全く触れた事のない子でも楽しめるよう、

わかりやすい内容になっているのだと思います。

dual.nikkei.co.jp

この記事によると、(2014年の記事なので少し古い)

《歌やゲームを通して、実際に英語を使う体験を重視し、
あいさつや決まり文句が自然と使えるような授業を展開》

していくとの事なので、

ちょっとこれから、それらを少し意識して

英語育児をやってみようかなと思います。



これからの授業頻度ですが、

以前は小5・6年から「外国語活動」として週1コマだったのが、

2020年から小5・6年から正式科目、週2コマに増えるとのこと。

小学校を皮切りに、中学高校も順次『新学習指導要領』に切り替わるそうです。


実際、小5から正式科目になるということは、成績をつけられるということですよね?!

実際の授業の内容というのがどういうものなのか、親としては知りたいところですね。


英語がどんどん、早期に導入されていきますね~。

学校英語、受験英語は、私は否定派ではないのですが、

まだ年齢の早いうちから英語に親しむっていうの、私はすごくいいと思います。

日本の英語早期教育業界がこれからさらに成長&充実していきそうですね!!


小学校の英語科目の情報にこれからも注目していきます!

にほんブログ村 英語ブログへ

広告を非表示にする

SPONSORED LINK