親子で英語でお話しましょ

2人の怪獣の育児や英語の取り組みのこと。母(私)のやりなおし英語のこと。親子留学目指して今から情報収集!

2歳次男の英語上達具合の記録。読み聞かせの効果を目の当たりにしました。

f:id:hapiseikatsu:20170529011006j:plain

まだ英語への拒否反応が全く出ていない次男2歳。

日本語と英語の違いは少しわかってきたようではありますが、嫌がる様子はないみたい。

そんな2歳児、ここ最近めざましい成長を見せているのです。(私にしては)

ここ最近話すようになった英語

次男が絵本を見ながらだったり遊びながら話したりするようになったのは以下の言葉です。

Up and down.
 →Upだけ使ったりDownだけ使うこともあるけど、アッパンダウンというように塊でも覚えている。しかも明らかに意味を理解しているような行動をとる
ぞう、きりん、サイ、カバ、しまうまなどの動物の英語名を覚えている。(クイズ形式で全部正解)
One more.(もう一回)
Yummy.(美味しい)

・・・・はい、全て簡単な英語ばかりです!!!

それでも、こんなちびっこい2歳が「これは英語でこういうんだよね」とかなーんにも考えず

ポッと英語が出てきたって言うだけで母は感動してガッツポーズものです!!(顔では平静を装う)

英語を英語で理解するということの初期段階ではないでしょうか。

この簡単な英語ですが、どうやって覚えたかというと、ほぼ、絵本の読み聞かせと英語での語り掛けによるものだと思われます。


読み聞かせの効果を目の当たりにしました

絵本に興味があるようなので、英語の絵本読み聞かせをよくしています。

(本人は日本語の絵本でも英語の絵本でもどっちでも構わないようです)


少し前から、「読んで♡」とよく好んでもってくるなーと思っていた絵本は、

メイシーちゃんシリーズSight Word Readersでした。

メイシーちゃんシリーズは、定番ですよね。



Sight Word Readers
は、
一冊が薄くて繰り返し同じフレーズを使った短い文章の絵本25冊+ワークブック1冊のセットです。

AmazonのChildren's Word Games Booksカテゴリでベストセラー1位

外観はこのようにBoxに入っているので、収納しやすいです。
f:id:hapiseikatsu:20170607173509j:plain

その中から良く持ってくる絵本の一部がこの画像の絵本。

f:id:hapiseikatsu:20170529010155j:plainf:id:hapiseikatsu:20170529010200j:plain

もう、そのまんまですが(笑)

Up and down と動物の名前は、この2冊で自然と覚えてしまいました。

絵本は気に入ったものばかり何回も持ってくるので、何回も読みました^^

繰り返すことで、自然と覚えたんだと思います。

こんなにあからさまに覚えてくれるのね!!やりやすい・・・・(笑)


だから、25冊のうちのこれだけじゃなくてほかの絵本も気に入って持ってきてくれれば、

その絵本のフレーズも覚えるのではないかと思っています!


この冊子セットは、【活字になっている単語の中で最も使用頻度の高い50語を学べる】というもので、

その50語を目で見て読めるようにもなるそうです。

本の内容は短く、最後にオチがあるのでこどもが気に入りやすいんだと思います。



Sight Word Readersは、長男が3歳になる直前に購入して、

寝る前に25冊の中から好きな本を選ばせて読んでいました。


a、on、とかrun、the、littleなどなど、短い語は読ませてみると読めるようになっていました

次男を妊娠してからは、読んだり読まなかったり、全く英語に触れない時期もあったりしたのですが、

長男が一回読めるようになった単語は、また久しぶりに見せたら、今も読めている様子。


次男に読み聞かせ始めたのは、2歳ちょっと過ぎなので、9ヶ月くらい長男より早めです。

英語の語り掛け、一日5分でも効果ありだと思う


2歳の彼にはさらっと語り掛けはしていますが、まだ無反応のことが多々あります。

それでも、短めの英語を、めげずに語り掛けています。

上記の、Up and down と動物の名前以外の二つ、One more と Yummy は

語り掛けで覚えました。(2日くらいで覚えた)


私は、『井原さんちの英語で子育て』という本をヒントに、語り掛けしています。

brothers.hatenablog.com


同じフレーズを、覚えるまで繰り返しやるのが効果的です。

覚えるというのは、しゃべれるというのではなくて、

言われて意味がわかるようになるまでということです。

そして、覚えさせたいフレーズをなんとなく言ってることわかってきてるな~と思ったら、次の新しいフレーズを取り入れてみます。


ポイントは、無反応でも、「何言ってるの?」という怪訝な顔をしてもサラッと流します。

繰り返し言っているうちに、こういうシチュエーションではこういうっていうのをなんとなーくわかってくれるようになります!

一日5分、2~3フレーズだけでも、一カ月で150分も英語に触れさせてることになります^^




それにしても、2歳児(小さい子)の脳の吸収力と記憶力がすごいというのを、日々実感しております。


まだ言いやすい短い文ばかりですが、カメさんペースのゆるゆる親子英語にしてはまずまずじゃないかなと思います。

いつか兄弟が長い文章をしゃべるようになって一緒に英語でお話しできたらいいな・・・・そんな日を夢見てます(*^-^*)


親子英語の参考にしています↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

広告を非表示にする

SPONSORED LINK