親子で英語でお話しましょ

2人の怪獣の育児や英語の取り組みのこと。母(私)のやりなおし英語のこと。親子留学目指して今から情報収集!

ORT絵本を試せる本『イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ』

前々回のブログ→【続き】よく見かけるCTP絵本とかORT絵本って・・・なに??
brothers.hatenablog.com



この時に注文した本。

『イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ』古川 昭夫(著), 宮下 いづみ (著)

いまさらですが、レビューです。

内容は下記のようになっています。

Amazonの商品の説明より~

内容(「BOOK」データベースより)

Oxford Reading Treeは、イギリスの幼稚園の年長児から小学校高学年までを対象にした学習用図書シリーズです。イギリスには検定教科書制度がないので、いろんな本が「教科書」として使われていますが、特に、このOxford Reading Treeのキッパー・シリーズは、イギリスの小学校の80パーセント以上で、「英語」、つまりイギリス人にとっての「国語」の授業で使われている教科書なのです。本書では、買ったその日から、Oxford Reading Treeを実際に読んで、聴いて、英語を学べるように、8冊分の本を収録し、ストーリーごとに読みこなすためのポイントをわかりやすく解説しました。
Amazonより引用)

ORTなら「本物の英語」が身に付く

本のIntroductionでは、ORTの特徴が書かれていて、
1文の長さ、語彙、文法が徐々にレベルアップしていくように作られているということなので、
「本物の英語」の上達が望める、とのこと。

ORT絵本の中身を実際に見てCDを聞いた感想

前々回の記事で、ORTの特徴として挙げた以下の6つについて、
私が実際ORTの中身を見てCDを聞いた感想です。

①「reading for fun」
 →このコンセプト通り、オチがあるし絵本のイラストも可愛くて楽しく読めそう。

②イギリス英語
 →イギリス英語の発音。最初はゆ~~っくりな朗読のため聴きやすい。
  ステージが上がるごとに少しずつ朗読の速さも速くなっている。

③単語の種類が少ない
 →実際CTPを見ていないので語彙数の比較は難しいが、
  最初のステージ1は、単語のみで本当に少ないがステージが上がるごとに増えている印象。

④stageによってスムーズにレベルが上がる
 →ステージ1~7まで一話ずつだけど読み進めた限りでは、スムーズにレベルが上がっていると感じる。

⑤音源は期待できない
 →これもCTPのCDを聞いたことがないのではっきりとは言えないが、
  予想はもっとひどいものだと思っていたので、ふつうに聞けて拍子抜け。
  確かにCTPにはあるというチャンツや音楽などはなく、
  非常にシンプルな朗読ではあるが気にならない。

⑥殆どの話が楽しいお話
 →本に載っていた8冊分のお話しか読んでいないが、面白い!ほかのお話も読みたい。

・CDについて

ステージ1のCDを聞いたとき、だいぶスロ~~~な朗読に驚きました!
が、逆に英語を初めて学ぶ子にはこれくらいが丁度いいとも思いました。
 
ステージが進むにつれて、徐々に徐々に朗読スピードが速くなっていきます。
ステージ7の段階では、文書も長くなってスピードも普通スピードぐらいに感じました。
ステージ7の英語を理解できるようになったら、かなりの英語力が身に付いていると思います。

楽しむための予備知識

ORTでは「キッパー・シリーズ」というKipperという男のことその家族や友達が登場する物語と、Firefliesというノンフィクションのシリーズがあるそうです。この本では「キッパー・シリーズ」のお話が収録されています。

一話ずつは完結しますが、登場人物は共通なので、
登場人物の予備知識をチェックしておくとこのシリーズをより楽しめると思います!
f:id:hapiseikatsu:20170912003757j:plain
f:id:hapiseikatsu:20170912003836j:plain

ORT絵本、多くの親子英語してる親が選ぶ理由が少しわかった気がする

『イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ』を読んで、
絵本の内容は8冊と一部だけですが、それだけでもORTの雰囲気がよくわかりました!
このORTお試しバージョン『イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ』を実際にCDを聞かせながら絵本を読んでいる間、
長男次男の様子を見ていると、反応はかなり良好!

ORTを楽しめそうな感じなので、現在購入を検討してます。


お高めなので旦那に交渉中( *´艸`)
ORTを始めることになったらまた書きたいと思います!!

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

続編もあります。

親子英語の参考にしています↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

SPONSORED LINK